MENU

肝硬変ってどんな病気?

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

肝硬変は、文字通り「肝臓が硬く変化」してしまっている状態のことを指します。思い浮かべるとわかりやすいのが動物のレバー。鳥や豚もそうですが、ブニブニと柔らかかったのに加熱すると硬く縮んでしまいますよね?

 

あれと同じことが起きてしまうのが肝硬変という病気です。

 

肝硬変には事前に予兆はないのか?

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

肝硬変に至るにはほぼ必ず「肝炎」という肝臓の炎症症状が前段階にあります。

 

この肝炎の段階で早期治療改善を目指さないと、やがて肝硬変に至る可能性が高くなってしまうのです。
肝炎の理由にはいろいろありますが、主な肝炎の種類を見ていきましょう。

 

日本で肝硬変に至りやすい肝炎TOP3

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

ウイルス性肝炎

食べ物や性交渉(同異性含む)、血液経由(母子、ピアス針、覚せい剤の注射針の使いまわし、タトゥーなど)で起こる感染症。肝硬変に至る7割がこのウィルス性肝炎といわれています。

アルコール性肝疾患

アルコールの過剰摂取による中性脂肪がつくことや解毒機能のオーバーワークで肝臓機能が低下。放っておくと数年程度で肝硬変になることもあります。肝硬変の2割がこのタイプといわれています。

非アルコール性脂肪性肝炎

食生活などで中性脂肪が肝臓に溜まり、肝臓機能が低下。最近は、このタイプが危険ということで注目を集めています。別の言い方ではNASHともいい、アルコールを飲まない人からの脂肪肝からの肝炎がこれに当たります。

 

難病・先天性異常の肝炎もある

・原発性胆汁性胆管炎
・原発性硬化性胆管炎
・ヘモクロマトーシス
・自己免疫性肝炎
・肝レンズ核変性症

 

肝硬変は治らない?

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

肝硬変は肝炎が可逆的(治る治る病気)なのに対し、不可逆的(治らない病気)です。

最近の医療技術では、低下した肝機能を回復させることができる場合もあるそうですが、肝臓が硬くなってしまった状態、肝硬変自体は治らないため、肝硬変のその先にある肝臓がんや肝不全などのリスクは取り払えません。
肝硬変になったからすぐに死んでしまうというわけではありませんが、死亡リスクが高くなるため、可逆的な肝炎のうちに治療や対策をするのが望ましいといえます。

 

肝硬変の前段階、肝炎の治療法は?

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

まず、ウィルス性肝炎については、医師の診断の元、適切な投薬が必要となります。肝炎は食事療法、といったイメージがありますが、ウィルス性肝炎の場合はまずはウィルスの対策が急務となりますので適切な医療機関の診断を受け、早期治療を行ってください。

 

次にアルコール性、非アルコール性の肝炎についてですが、こちらは主に食事療法が中心となります。しかし、自分がどのタイプの肝炎かを自己判断はせずに、一度専門機関での受診は必ず受けるようにしましょう。

 

肝炎改善や予防の食事のポイントは?

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

肝臓は非常に回復能力の高いタフな臓器です。
9割以上を切除しても、肝臓自体の回復力で元に戻ってしまうような器官ですので、そんな肝臓の回復力を上回る肝臓に悪い食事をやめるということが一番のポイントです。

 

肝臓に良い食事指針に切り替える

アルコールを控える

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

アルコールの過剰摂取はやめましょう。肝炎になってしまっている場合、一度禁酒するのが理想です。付き合い上どうしてもできないという場合は、週に1~2度ほどにとどめ、1~2杯程度に抑えましょう。それ以外にも高たんぱく低糖質を心掛け、添加物の多いジャンクフードや揚げ物などは控えるようにしましょう。

 

食生活が見直す

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

中性脂肪の原因となる糖質(ご飯やパン)、高脂肪(豚バラ肉、バターなど)のものを控え高たんぱくな食事を心掛けましょう。始めやすいのが夜だけ炭水化物を抜くか、少なくするといった方法。特に肥満になってしまっている人にはおすすめです。そのほかにも添加物の多い食事や油ものなど消化不良を起こしやすいものは肝臓にも負担をかけるものが多いため、控えるようにしましょう。

 

肝臓に良い成分を摂取する

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

食生活をバランスの摂れた食生活にする、ということも大切ですが、それに加え特別肝臓に良い成分を狙って摂取するのも有効です。

 

オルニチン

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

しじみやしめじなどに多く含まれる遊離アミノ酸というたんぱく質に合成されず独自に動くアミノ酸の一種。

 

オルニチンは肝臓の働きと同様の栄養素の分解と合成やアルコールなどの解毒作用のほかにも尿素回廊(オルニチンサイクル)を活発化させることで肝臓の機能を改善する働きがあります。結果、疲労回復効果や肝機能の回復が期待できます。

 

タウリン

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

肝細胞の再生を促したり、脂肪肝の原因となる中性脂肪を輩出する働きがあるなど非常に優れた効果があります。
タウリンは牡蠣に多く含まれていますが、常食するのは困難なため、サプリメントでの摂取がおすすめです。

 

亜鉛

肝硬変を予防するサプリメントはコレ!

牡蠣や煮干しに多く含まれる亜鉛は、細胞の代謝を促し、免疫力を上げ、傷の修復などにも役立ちます。傷ついた肝臓を修復するときにも必要となるのですが、亜鉛を一日の摂取量十分に摂れている人は少ないといえます。

 

また、炎症や肝臓が疲労しているときは細胞が損耗している状態のため、必ず亜鉛は十分な摂取が必要となります。

 

肝硬変の前段階、肝炎を予防改善するサプリメントランキング

肝臓に良い成分を含んでいる牡蠣やしじみなどは毎日摂取することは困難であるため、サプリメントでの摂取がおすすめです。
そこで、肝臓に良いサプリメントを独自にランキングしましたので、サプリメント選びの参考にしてみてください。

 

 

オルニパワーZnの特徴

肝臓に良い働きをするオルニチンが800mg配合されたサプリメント。
また、抗酸化作用がビタミンCの6000倍あるアスタキサンチン肝臓修復に必須の亜鉛も12mgと高配合です。

そのほかにも17種類にも及ぶアミノ酸と肝機能改善が期待できるタウリン、ビタミンB群や鉄分などのミネラルも豊富に配合されています。

豊富な配合量の仕組みは「牡蠣」「しじみ」の二つの食材。
牡蠣は、海のミルクとも言われるほど豊富な栄養素を含みタウリンの量も随一、シジミはアミノ酸スコア100の食材で、9種の必須アミノ酸をすべて含有し、ビタミン、ミネラルも豊富です。

お酒の後にシジミの味噌汁を飲むとすごくおいしいのは、無意識に肝臓のために必要だと感じているからなのですね。

そんな肝臓に良い食材二つの力を最大限に引き出し、食生活でダメージを受けてしまうのを予防するのがアスタキサンチンなどの抗酸化作用です。抗酸化作用は紫外線や揚げ物などを食べることで発生する活性酸素を抑制する効果があります。活性酸素は放置すると、細胞を傷つけてしまう怖い栄養素です。もちろん、肝臓も例外ではありません。

改善しつつ、守る。

それができるのがオルニパワーZnというサプリメントです。

 

オルニパワーZnのおすすめポイント!
  • オルニチンをたっぷり800mg配合
  • 肝臓修復に必須の亜鉛12mg配合
  • 乱れた食生活のダメージを抑えるアスタキサンチン配合
  • 国内産のしじみ、牡蠣を贅沢に使用
  • 30日間返金保証

口コミ

一年前から急にお酒を飲むのがきつくなりました。案の定肝臓の数値が悪く。でもお酒が生きがいなのでどうにかしたい、と思いオルニパワーZnを始めました。お酒のためにおつまみも肝臓にいい枝豆とかに切り替えて炭水化物はとらないようにしました。 でも、あんまり改善はされなくて、手を出したのがオルニパワーZnでした。
話題のオルニチンもしっかり入ってるしいいかな~と思って。結果、大正解でした。
ほとんど去年と変わったことはしませんでしたが、今年の数値が正常値に戻りました!やっぱりサプリメントの力は馬鹿にできないですね!

42歳/女性
テレビ番組で肝硬変についてやっていて怖くなったので、予防としてオルニチンを摂ろうと思っていろいろ迷ってこれにしました。 飲み始めてからなんとなく体が軽くなった気がします。飲み会もあまり苦でなくなったもの大きいですね。

55歳/男性
若いころから(多分)脂肪肝でいよいよダイエットをしなければいけないと思ったですが、これを飲み始めてからなんとかく体の倦怠感が薄くなって、ダイエットの成果もいつもより上り調子になっていると思います。(はかるだけダイエット中) もっと成果が出るように飲み続けたいと思います。(今2か月目)

38歳/男性

価格 500円
評価 評価5
備考 初回限定価格、定期便価格二回目以降は3480円(通常価格4500円)
 

レバリズムの特徴

レバリズムは、牡蠣・しじみ・スクワレンといった肝臓に良い食材を中心に配合したサプリメントです。

牡蠣やシジミはタウリン、オルニチンはもちろん、アミノ酸、ビタミン、ミネラルがたっぷり配合されています。
スクワレンというとあまり聞き覚えがないかと思いますが、スクワレンは深海鮫の肝油中に含まれる成分で、もともと体の中に入っている成分の一つです。このスクワレンは酸素と結びつき肝臓に酸素を運ぶといった効果があります。細胞には酸素が必要となるため、酸素を十分に肝臓にいきわたらせることで肝臓の働きをアップさせることができます。

しかし、スクワレンは加齢とともに減少するため、外部からの定期的摂取をすることが必要といわれています。

そんな三つの素材に加え、シスチン・ビタミンB2・ビタミンEと肝臓とのかかわりが強い栄養素をピンポイントで配合することでより効果を実感しやすいように構成されています。

お値段も初月のモニター価格で980円と格安なため始めやすい内容になっています。

 

レバリズムのおすすめポイント!
  • 静岡県産しじみエキス配合
  • 岡山県産牡蠣エキス配合
  • 千葉県産スクワレン配合
  • シスチン・ビタミンE・ビタミンB2配合

口コミ

とにかく体が軽くなるといったことが本当におきるとは思っていませんでした。夜の商売なので、お酒は飲まないわけにはいかないので苦肉の策として使い始めましたが、本当にこれにしてよかったと思えました。
55歳/男性
食欲不振が続いて、友人に肝臓が悪いんじゃないか、と言われそのまま紹介してもらったサプリメントがこれでした。一か月くらいすると食欲がかなり戻りました。かなりやせこけかけていたので助かりました。
67歳/男性

価格 980円
評価 評価4.5
備考 初回Web限定割引価格
 

肝パワーEプラスの特徴

肝パワーEプラスは、広島県産牡蠣・長野産ジャンボニンニク・紀州産南高梅を配合したサプリメントです。

どの素材も体に良いといったイメージがありますが、特に注目したいのが牡蠣はもちろんですが、にんにくと南高梅。にんにくにはアリシンやポリフェノールなど肝臓の機能のサポートと抗酸化作用が強い成分が含まれており、南高梅はクエン酸がたっぷり含まれ、疲れた体にエネルギーを供給するクエン酸回路を正常化する効果が期待できます。

特に肝パワーEプラスには疲労回復効果や過酸化脂質の分解の作用のあるビタミンB群をたっぷりと含んでいます。まずは肝炎の改善を目指したい、という方にはぴったりのサプリメントです。

 

肝パワーEプラスのおすすめポイント!
  • 広島県産牡蠣配合
  • 長野産ジャンボニンニク配合
  • 紀州産南高梅配合
  • ビタミンB群、ビタミンeなどをバランスよく配合
  • ハイクオリティ認証取得

口コミ

若いころはエネルギッシュな感じだったのですが、年を取るにつれてつらくなっていました。そこで飲み始めたこのサプリメント。実は息子に買ってもらっているんですが、すごく良いです。飲み始めてからいろいろやる気になって習い事なんてはじめちゃって。もういい年なのに元気だね、って嫌味を言われるくらい元気にしてくれたこのサプリメントは手放せません!
75歳/女性
結構長いこと続けているサプリですが、いろいろ浮気してこれに落ち着きました。一番元気が出るっていう実感が出ます。パッケージが古臭いのですが、良いものですよ。
54歳/男性

価格 980円
評価 評価4
備考 5袋お試し価格
 

牡蠣のチカラαの特徴

生牡蠣181個分の亜鉛が詰まったサプリメント。

広島県産の牡蠣と、アンデスの女王マカ、健康ドリンクにも配合されている高麗人参と栄養のある三種を配合したサプリメントです。
牡蠣には、ミネラル・ビタミンはもちろん、細胞の元となるアミノ酸、グリコーゲン、タウリンと肝臓に良い成分がたっぷりと含まれています。それに加え、アンデス山脈で採れるマカもビタミンB群をはじめ、鉄、マンガン、銅などのミネラルを多く含んでいます。

そして、高麗人参。
高麗人参の最大の特徴であるサポニンには、過酸化糖質と呼ばれる肝臓に悪影響を及ぼすものを抑制する働きがあります。そのほかにもサポニンは血液サラサラ効果なども期待できるため、体の健康においても有用性は高いといえます。

 

牡蠣のチカラαのおすすめポイント!
  • 亜鉛一日分16mg配合
  • 海のミルクといわれるほどアミノ酸、ビタミン、ミネラル豊富な瀬戸内海産牡蠣配合
  • ビタミン、ミネラルを豊富に含むアンデスの女王マカ配合
  • 滋養強壮、肝臓改善の効果のあるサポニンを豊富に配合する高麗人参配合

口コミ

亜鉛を摂りたくて購入しました。疲れた顔をしているとよく言われていましたが、これを飲み始めてから「最近きれいになった」と真逆のことをいわれるように!うれしいです!こんな商品を作ってくれて本当にありがとうございます!
39歳/女性
お酒の飲みすぎで、肝臓が悪くなって、牡蠣が良いということを効いて早速安かったので注文しました。思った通り良かったですね!いい感じです。
45歳/男性

価格 980円
評価 評価3.5
備考 毎月二袋ならば初回限定で1960円

 

-