MENU

肝硬変について記事一覧

肝硬変とは、肝臓病の一つです。その名の通り肝臓が硬く変化してしまう症状のことをさしますが、段階として慢性肝炎や脂肪肝などが前段階にあることから検査さえ受けていれば事前に予防できる場合が多い類の病気となります。肝硬変になると肝機能が障害を起こしてしまい、肝臓の仕事が十分に果たされなくなります。肝臓は臓器の中でも一番仕事量が多いため、肝臓の機能の完全な停止は命にかかわります。しかし、肝硬変の段階では完...

肝硬変は慢性肝炎の末期症状ともいえるもので、肝臓が硬く変わってしまった状態です。この状態は肝臓機能がうまく働かないため、様々な症状が発症します。肝硬変の症状尿の色が濃い倦怠感(疲れやすい、だるい)食欲不振発熱クモ状血管腫赤い斑点が胸・首に出る腹部の膨満感(腹水)むくみ黄疸くも状血管腫女性化乳房手掌紅斑(手のひらが赤い斑点のようなものが出る)肝臓は、代謝、解毒、胆汁の生成など500種類上の役割がある...

肝硬変になると余命はどのくらいか、結論を先にいえば、「人それぞれ」です。肝硬変は、肝臓がんや肝不全を発症しやすい病気ですが、肝硬変でも肝機能を回復させることができる症例があるため必ず何年以内に死ぬ、という断定はできません。医師によっては、症状と照らし合わせ余命を断定する、という話もありますがネットで言われている話程度の信ぴょう性なので、肝硬変の段階では実際にはほとんどしないのが普通なようです。あく...

肝硬変の原因は、ほぼ必ず肝炎という肝臓の炎症が先に訪れています。肝炎の種類には以下のようなものがあります。肝炎になる原因と共に見ていきましょう。・ウイルス性肝炎⇒食べ物や性交渉、血液感染などが原因で感染・アルコール性肝疾患⇒アルコールの過剰摂取により中性脂肪がたまり、肝臓機能が低下・非アルコール性脂肪性肝炎⇒食生活などで中性脂肪が肝臓に溜まり、肝臓機能が低下・原発性胆汁性胆管炎⇒胆汁が流れる胆管が...

肝硬変の症状には以下のようなものがあります。尿の色が濃い倦怠感(疲れやすい、だるい)食欲不振肝性脳症発熱クモ状血管腫赤い斑点が胸・首に出る腹部の膨満感(腹水)むくみ黄疸くも状血管腫女性化乳房手掌紅斑(手のひらが赤い斑点のようなものが出る)末期症状の一つとして怖いのは肝性脳症というものが挙げられます。肝臓の代表的機能である解毒が働かず尿などと一緒に排出されるはずの有害物質アンモニアを解毒しきれず、血...

血液検査でこの数値が出れば肝硬変だ、という明確なことは言えませんが、可能性が高い、またはあるといった判断は血液検査でもできるようです。AST(GOT)ALT(GPT)γ-GTPこの三つが肝臓に関わる数値で、この三つの値が高い場合、肝臓に炎症、もしくは肝硬変の可能性がある、ということになります。この数値如何によっては、肝生検と呼ばれる肝臓にハリを指して検査するといった方法も出てきます。いずれにせよ、...