MENU

肝硬変の血液検査

肝硬変の血液検査

 

血液検査でこの数値が出れば肝硬変だ、という明確なことは言えませんが、可能性が高い、またはあるといった判断は血液検査でもできるようです。

 

 

AST(GOT)
ALT(GPT)
γ-GTP

 

この三つが肝臓に関わる数値で、この三つの値が高い場合、肝臓に炎症、もしくは肝硬変の可能性がある、ということになります。この数値如何によっては、肝生検と呼ばれる肝臓にハリを指して検査するといった方法も出てきます。いずれにせよ、この辺りは医師の判断となりますので、血液検査の再検査にならない場合には特に心配はいらないようです。

 

肝臓の数値を正常に戻すには?

肝臓の炎症は、アルコールや生活習慣により起こります。一般的に肥満の方は脂肪肝になりやすいため、糖質や脂肪を抑えるようにして、ダイエットをするのがいいかと思います。アルコールについても過剰摂取の自覚がある(毎日飲む、飲む量が多い)場合、摂取量を控える、または禁酒などをすることで肝臓の数値は徐々に戻っていくでしょう。

 

肝臓に良いサプリメントは有効?

肝臓に良い成分というと、オルニチンやタウリンが挙げられますが、結論から言えば、「条件付きで有効」と言えます。
その条件とは、やはり食生活の改善です。他の食生活を全く変えずにただサプリメントを飲むだけでよくはなりません。

 

基本的に炎症は「肝臓の処理能力」を上回っている事態だから起きているのです。
オルニチンは確かに肝機能をUPさせることができる成分として有名ですが、

 

オルニチンの改善能力+肝臓の処理能力<暴飲暴食による肝臓負担+アルコールや添加物などの肝臓負担

 

この不等式がなりたってしまえば、焼け石に水になってしまうのです。

 

ですので、サプリメントを始めるのであれば、少しずつでも食生活を見直し、肝臓に負担となる高糖質高脂肪高添加物の食事を見直してみるのがいいかと思います。
その上で、きちんとした成分を配合したサプリメントの摂取は肝臓改善に有効である、ということは言えるでしょう。

 

食事療法と相性抜群のサプリメントランキング

関連ページ

肝硬変とは
肝硬変とはどういったものなのでしょうか。
肝硬変の症状
肝硬変の症状についてです。
肝硬変になると余命はどのくらい?
肝硬変になると余命はどのくらいなのかをお伝えします。
肝硬変の原因
肝硬変の原因についてです。
肝硬変の末期症状とは?
肝硬変の末期症状についてです。